よくある質問

Q & A

ドライクリーニングって何?

通常、家庭の洗濯は水を使用しますが、衣類の中には水を使用すると色(染色)を落としたり、縮み(収縮)を起こすことがあります。そこで登場したのがドライクリーニングです。水の代わりに有機溶剤を使用し色落ちや型くずれが起りにくく、油汚れに強いのが特長です。有機溶剤の種類もいろいろあり、クリーニング会社によりますが、当社では石油系溶剤を使用しています。

クリーニングに出すと色落ち、色あせの心配はいらないのか?

正直にいいますと、クリーニング屋の職人がどれだけ注意して作業を行っても、色落ち、色あせは絶対しないとは言い切れません。 なぜかと言うと衣類の1点、1点において、染色剤、染色方法、素材の染色堅牢度などが違うからです。また、販売時、保存時、着用時の日光や電気の光による脱色がクリーニングで顕著になることもあります。

クリーニングに出すとデリケートな素材のものは型崩れがないのか?

基本的に「品質表示タグ」でドライ指定しているものはドライクリーニングをしますので型崩れは起きにくい。しかし、素材によっては、アイロンやプレスを使用することができず、着用時につく袖や腰部分のしわを整形しなおすことが出来ない場合があります。型を崩さないために連続の着用を避け、保管にも肩幅に合ったハンガー(スーツであればスーツ用の肩当てハンガー)をご使用頂いた方がよいと思います。

ドライクリーニングでは汗汚れは落ちないのか?

全く落ちないというわけではありませんが、落ちにくいのは確かです。汗の成分は大きく分けて「皮脂」と「塩分」。ドライクリーニングでは皮脂は洗浄液に溶けますが塩分は溶けません。衣類に塩分が残留しゴワゴワした感じになります。当社では、汗取り加工をおすすめしています。くわしくは汗取り加工をチェック!

ハイクラスクリーニングと通常クリーニングの違いは?

ハイクラスは樹脂加工・汗取り加工・帯電防止加工・防菌・防カビ加工が行われる高級クリーニング。通常クリーニングではある程度機械プレスで仕上げますが、ハイクラスは熟練の職人による1点1点すべてを手仕上げで行います。礼服や大切にしている衣類、高級ブランド品はハイクラスがおすすめです。くわしくはハイクラスをチェック!

汗取り加工とWウォッシュって何が違うんですか?

汗取り加工はドライクリーニングに塩分を強力に除去する特殊洗剤を加え洗います。Wウォッシュはドライクリーニング+ウェットクリーニングの2度洗いです。水分、汚れ除去はやはりWウォッシュの方が効果的ですが、汗取り加工の方がお値段はお手頃です。当社では、1年を通して汗成分の除去には汗取り加工を、カビ、お酒などの飲み物汚れ、季節のおしまい洗いにW ウォッシュをおすすめさせて頂いてます。

シリコンって何?

光沢を出す、滑らかにするといった効果のある加工剤です。Yシャツなどに使用し、シリコン加工がしてあるかどうかでネクタイの滑り具合が変わります。また、毛布のミンク加工にも使用しており、柔軟剤との併用でフワフワで滑らかな肌触りにすることが出来ます。店頭で加工前、加工後の生地をご用意してありますので、是非ご自分の手で実感してみて下さい。

ゴールド会員になるとどういう特典があるの?

特典は誕生月にドライ品半額ハガキ、年2回以上の割引クーポン、常時クリーニング料金全品5%OFF(特殊品は除く)でご利用できます。(富山県のホワイト急便全店)会費は通常1,000円(有効期限2年)ですが、現在、キャンペーン中で500円になっています。くわしくはゴールド会員をチェック!

どうしてポリ袋を外して保管しなければいけないの?

クリーニングのポリ袋は工場からお店への運搬中やお客様のお家に持っていく間にほこりや汚れが付かないようにするためのものです。保管中に通気性が悪いと湿気がこもりカビが生える原因となってしまいますので、ポリ袋は外して下さい。どうしても、保管時にカバーをしておきたい場合、市販の保管袋をご使用下さい。※ハイクラスクリーニングのポリ袋は通気性がよく保管用にも適しております。ただし、定期的に換気をお願いします。